コインランドリー経営ならエレクトロラックス

エレクトロラックス

コインランドリーをご利用の方へ

コインランドリーを利用するとどんなメリットがあるの?

大量の洗濯物や大きくかさばる毛布やふとんなど、家庭用洗濯機では洗えないものを専用の大型洗濯機で短時間に洗濯・乾燥することができます。洗濯から乾燥まで1時間程度(洗濯30分、乾燥20~40分)で終了!早くて経済的なんです。家庭では洗えないダブルの毛布や羽毛布団など、コインランドリーなら短時間で洗濯でき、乾燥後はふわふわに!

コインランドリーユーザのメリット
  1. 洗濯から乾燥終了まで60分程度だから、その日に使えます!
    通常クリーニング店に出せば出来上がりに数日かかりますが、コインランドリーならその日に終了しますので便利です。
  2. 例えば羽毛布をクリーニング店に出すと1枚5000円~6000円かかります。コインランドリーなら1枚1000円~1300円で洗濯・乾燥できるので経済的!
    さらに1枚より2枚、2枚より3枚、まとめ洗いするとさらにお得。
  3. ご自分で洗い具合を確認でき、お店で出したくないプライベートな衣類もご自分で洗えます。
  4. 洗濯物の汚れの約80%は汗などの水溶性です。コインランドリーは水洗いなので、石油系溶剤よりも肌触りがよく、綺麗に汚れを落とします。
  5. カーペットや毛布などについたダニを綺麗に洗い流し衛生的です。コインランドリーは花粉やハウスダストなど、アレルギー対策にも有効です。

コインランドリーで洗えるものは?

コインランドリーで洗えるもの

  • 洗濯機の場合(目安)
  • 洗濯乾燥機の場合(目安)

コインランドリーへ行く前に…

最近のコインランドリーはプリペイドカードやICカードのお店もありますが、たいていは「コイン(100円玉)」が必要です。両替機もありますが、できれば100円玉を多く用意していきましょう。10枚くらいあれば安心です。
エレクトロラックスがプロデュースするコインランドリーは洗剤や柔軟剤が自動投入されるタイプですので持ち込む必要がありません。洗濯物とコインをもって、近所のコインランドリーへ行って見ましょう!!

コインランドリーへ行く前に・・・

洗濯機の使い方

<最新機器 Line5000シリーズの場合>

店内にはいろいろなサイズの洗濯機、乾燥機が設置されています。
洗濯機は9kgから28kgまで、乾燥機は13.6kgから27kgまで、洗濯物に応じて使用する機器を選びます。毛布1枚程度なら9kgで洗えます(400円)。今回は大きめの14kg洗濯機を選びました。

使い方を動画で見る
洗濯機の使い方
  1. ドラム洗浄
    店舗によっては無料のドラム洗浄機能がある機械があります。
    その場合は、洗濯物を入れる前にダイヤルノブを押してドラム内を洗浄します(2分)。
    ドラムが綺麗に洗浄されるので清潔ですね。

    ドラム洗浄
  2. 洗い物をいれドアを閉める
    ドアノブを押しながら左に回し、ドアを開けます。洗濯物を入れてドアを閉め、カチっと音がするまで右に回します。

    洗い物をいれドアを閉める
  3. コースを選ぶ
    ダイヤルノブを回し、洗濯コース「標準洗い」「しっかり洗い」「ソフト洗い」のどれかを選びます。
    ※コースボタンを押さない場合、自動的に標準洗いとなります。

    コースを選ぶ
  4. ソフター
    ソフター不要の場合は、「ソフターなし」ボタンを押します。

    ソフター
  5. 洗濯スタート
    ディスプレイに表示されている枚数分のコインを入れるとスタートします。

    洗濯スタート
  6. 終了
    「洗濯物を取り出してください」とディスプレイに表示され、ブザーが鳴ると終了です。
    洗濯物を乾燥機に移動しましょう。
    ※店内にあるランドリーカードを使って洗濯物を移動すれば楽に移動できます。

乾燥機の使い方

  1. 洗濯物を入れる
    乾燥機の目安ライン(ドラムの1/3程度)まで洗濯物を入れ、ドアを閉めます。1/3以上になった場合はより大きな乾燥機を選びましょう。

    洗濯物を入れる
  2. 乾燥スタート
    お好みの時間分の料金を投入してください。(約20分~40分で乾きます)
    ※コインを追加投入すれば乾燥時間をのばせます。

    乾燥スタート
  3. 終了
    ディスプレイの「クールダウン」が消え「乾燥終了」に変わったらドアを開けて洗濯物を取りだしてください。

コインランドリーご利用のご注意

洗濯量にあった機械を選ぼう
  • 洗濯量にあった機械を選ぼう
  • 洗濯物の種類や大きさに応じて使う機械を選びましょう。毛布・布団等の大物は小型洗濯機ではなく大きめの洗濯機で洗いましょう。洗濯物を傷めます。
ポケットの中を確認しましょう
  • ポケットの中を確認しましょう
  • 洗濯する前には必ずポケットの中を確認しましょう。また金具の付いているものはネットに入れて洗濯しましょう。
入れすぎない
  • 入れすぎない
  • 洗濯、乾燥する際には洗濯物の入れすぎには注意しましょう。機械の故障を引き起こす事があります。
化繊等は乾燥を短く
  • 化繊等は乾燥を短く
  • 洗濯物を傷めない為に、化繊等の熱に弱い洗濯物の乾燥時間は短めに設定しましょう。乾燥が終わったらすぐに取り出しましょう。
忘れ物のないように
  • 忘れ物のないように
  • 洗濯・乾燥が終わったら、すぐに洗濯物を取り出し、取り忘れがないように、ドラム内を確認しましょう。
長時間放置しない
  • 長時間放置しない
  • 洗濯・乾燥が終わったら、すぐに取り出しましょう。長時間放置するとシワの原因になりますし、次のお客様が利用できなくなってしまいます。

メーカーがこっそり教える上手な使い方

乾燥機を有効につかうには
1台の乾燥機にたくさんの洗濯物を詰め込むよりも、2台に分けて乾燥したほうが早く乾きます。
天日干しで乾燥したい場合
洗濯後、すぐに天日干しをしてもふんわりしません。10分でも20分でも乾燥機にかけることで起毛が立ち上がり、その後天日干しをしてもふんわり乾きます。
レースカーテンの乾燥のコツ
レースのカーテンは、洗ってそのままカーテンレールにかけてください。乾燥機にかける場合は生地が縮むため、7~10分程度でやめてください。
ふんわり感想はコインランドリーで
長雨が続く梅雨や台風の時期は、洗濯物が中々乾きません。部屋干しのにおいも気になりますね。こんなときは大型乾燥機で一気にふんわり乾かしましょう。
香つき柔軟シート
乾燥機に入れる際に香りつき柔軟シートも同時に入れます。すると洗濯物の静電気を防止し、生地がふんわり柔らかになります。かすかにアロマの香りが残りオススメです!(柔軟シートは店内の自動販売機で販売しています)

Q&A

コインランドリーで洗濯するときは、洗剤を持参したほうがいいのでしょうか?
エレクトロラックスがプロデュースするコインランドリーでは、洗剤は自動で注入されるタイプがほとんどです。柔軟剤も自動で注入されますので、洗剤や柔軟剤はご持参いただかなくて大丈夫です。
洗濯、乾燥している間は店内で待ったほうがよいのでしょうか。
時間に余裕があれば店内でお待ちいただいてもよいですが、洗濯から乾燥まで1時間程度かかります。そのため、近隣の書店やスーパーマーケットなどで待ち時間を有効利用される方が多いです。その場合は、次にご利用の方のために洗濯・乾燥時間終了後は、洗濯物をあまり長く放置しないようにしましょう。
家庭用乾燥機との違いは?
衣類乾燥機は熱風で衣類を回転させながら均一に衣類を乾燥させます。家庭用乾燥機はドラムが小さく、衣類を回転させるスペースがあまりないため、乾燥に時間がかかります。また厚手のバスタオルや毛布は完全乾燥しにくく、中心が生乾きの状態になってしまいます。コインランドリーの大型乾燥機は、大きなドラム内の洗濯物を回転させながら乾燥させます。強い熱風を効率よく洗濯物に行き渡らせて乾燥するため、乾燥時間がかからず、ムラのない乾燥ができるのです。