コインランドリー経営について

コインランドリー 女性の社会進出やライフスタイルの変化により、家事の省力化が課題となっています。洗濯物を短時間に効率よく洗いたい、雨の日にも洗濯、乾燥したい、花粉が気になる、外に干せない洗濯物を早く乾かしたいなど、多様化したニーズにお応えできるビジネスがコインランドリーです。家庭では洗えない布団やこたつぶとん、羽毛布団が安価で簡単に洗えるコインランドリーは、今注目のニーズの高いビジネスです。

コインランドリーの市場性

「ほとんどの家庭に洗濯機はあるし、コインランドリーって商売になるの?」とお考えではありませんか。 エレクトロラックスがご提案するコインランドリーは、従来の銭湯に隣接した数台の小型洗濯機だけの空間ではなく、大型の業務用洗濯機、乾燥機を設置した、大型で郊外型を中心とした「明るい」「開放感」「清潔感」のあるランドリースペースです。

1.女性の社会進出やライフスタイルの変化

女性の社会進出やライフスタイルの変化 女性の社会進出やライフスタイルの変化により、「洗濯」の時間を有効に使いたいというニーズが高まっています。家事労働を軽減できるコインランドリーは、忙しい主婦の味方です。

2.まとめ洗いが素早く安価にできる

まとめ洗いが素早く安価にできる 9kgから28kgの大型洗濯機を使い、布団や毛布などの大物や大量の洗濯物を1度にまとめて洗え、とても経済的です。洗濯・乾燥時間は1時間程度でOK。干す時間も必要なく時間を短縮できます。また、セルフサービスなので時間を選ばず、好きな時間に気軽に洗濯でき、待ち時間を買い物などの別の用事に使える、利用者にとってはうれしい施設です。

3.衣類のカジュアル化

衣類のカジュアル化 一般衣類のカジュアル化により、水洗い可能な衣類が増加しています。忙しい主婦層の増加を背景にして、1度に大量に洗えるコインランドリーの需要は増加しています。

4.アレルギー対策もOK

アレルギー対策もOK 春先は花粉症の方にとってはつらいもの。洗濯物を外干しすると、どうしても花粉が洗濯物に付着してしまいます。コインランドリーの大型乾燥機なら、20-30分で完全乾燥。毛布やふとん、カーペットなどを手軽に、こまめに洗え衛生的です。また、ハウスダスト、ダニなどのアレルゲン除去にも活躍します。

従来型 VS 大型コインランドリー

1.従来型(銭湯隣接・マンション階段下など)

狭い、暗い、汚いイメージ。利用者は単身者・学生。

2.郊外型大型コインランドリー(視認性が高く、駐車場スペースあり)

大型洗濯機・乾燥機を設置し、大物(毛布・ふとんなど)が洗える。利用者は女性(特に主婦)が多く、明るく清潔なイメージ。 郊外型大型コインランドリー

大型コインランドリーは、急激に店舗数が増加しています。

厚生労働省の調査では、全国のコインランドリー店舗数は平成23年まで毎年5%程度伸びています。
特に平成27年頃からは、社会環境の変化により、コインランドリー店舗の伸び率は急激に増加しており、今後も増加すると予想されます。

全国のコインランドリー店舗数

コインランドリー利用者・年齢層の変化

コインランドリー利用者・年齢層の変化

ターゲットは女性客。安全・清潔・明るいお店づくりが成功の鍵!



【キレイ】【明るい】【入りやすい】【安心できる(安全)】などが繁盛店のポイントです
ターゲットは女性客。地域の女性のためのお店づくりをご提案

ターゲットは女性客

使いやすさとニーズを捉えた店舗展開でリピーター増加をご提案

使いやすさとニーズを捉えた店舗展開でリピーター増加をご提案

コインランドリーの店舗形態

コインランドリーには、大きく3タイプの店舗形態があります。オーナー様の遊休地を利用した遊休地利用型、空きテナントを利用したテナント活用型、他の店舗にコインランドリーを併設した他店舗併設型です。クリーニング取次店、コンビニエンスストア、ガソリンスタンド、スーパーマーケット、ドラッグストアなど、併設型は集客に相乗効果が期待できます。

遊休地利用型

遊休地利用型

テナント活用型

テナント活用型

他事業との併設型

他事業との併設型

ユニット型

他事業との併設型 駐車スペース3.5台分があれば、最短一週間で開店が可能! スーパーマーケット、ドラッグストア、コンビニなどの併設に最適です。